検索エンジンのクローラーを理解することがSEO対策の第一歩

ビジネス

検索順位はグーグル検索エンジンアルゴリズムで決定されて、グーグルはネット上にあるサイトの情報自分のデータベースに収集して、ネット上にロボ巡回させます。これをクローラーといい、クローラーがサイトを見つけデータベースに収集する前のながれインデックスとよびます。

いくら質が高いコンテンツ書いたり、サイト作成してもインデックスされないとグーグルのデータベース内に情報格納されないで、検索結果表示されません。そして、seo対策をする時、大事なことはグーグルのクローラーにあして、このサイトは質高いコンテンツだとクローラーにただしく認識してもらうことを念頭に置きましょう。

なお、SEO対策全般については当記事以外にも下記のサイトも非常に参考になりますので、併せて参照いただけるとより理解が深まると思います。

株式会社ディーカム・神栖市~SEO対策とホームページ制作の専門会社・茨城県
株式会社ディーカムは、茨城県神栖市において、SEO対策・ホームページ制作・Webマーケティングを専門に行う会社です。創業以来12年にわたって株式会社ディーカムがこだわり続けてきたのは、オーガニック検索からアクセスの集まるホームページです。多

キーワードの重要性とは

グーグル検索品質評価ガイドラインはグーグルが公式に公表するサイトの品質の評価基準説明したもので、ガイドラインはグーグルが自分の検索エンジンの品質評価するため用いられて、どういうサイトを評価してくのか詳しく書かれており、seo対策を考える人には大事な資料です。

150ページ以上からなるこっのガイドラインは英語で記載されており、英語精通してなくては理解することよいではないでしょう。そして、ガイドラインにおいて主に書かれる内容はページの品質評価するEAT等があげられます。そして専門性は専門性持った価値よって書かれてるか評価して、その対象は様々です。また基本的にSEO対策は効果出るまで時間がかかり、効果出る時期はサイトにより様々です。

またビックキーワードを狙った時効果出る時期が遅くなります。短期で効果出やすいのが、競合あまり狙ってない人気のがないキーワードです。一見して対策しても何ら効果出ないように感じますが、旅行 夫婦 新幹線などより具体的なキーワードになってきて、コンバージョン率高いキーワードが多いです。こうしたミドル・ロングテールワードで上位表示実現する中、軸になるビックキーワードでの上位表示も評価されやすいです。

被リンクについて知っておく

被リンクはほかのサイトから設置されたリンクであり、SEOには大きくわけ、内部対策、外部対策があって、内部対策はサイトの構造などを検索エンジンにとってわかりやすくします。しかし外部対策はほかのサイトから被リンク利用した対策であり、外部対策はほとんど被リンク対策と同義です。そして、被リンクの品質が検索順位影響与えるのですが、被リンクは2つの種類あって、作為的でなく自然な流れで設置されたリンクがナチュラルリンクであり、故意に設置したリンクはスパムリンクとされます。そして、ナチュラルリンクは有効なリンクで、リンクを受けたサイトのほうか高めるといわれますが、スパムリンクは逆でペナルティを受け検索順位大幅下落してしまいます。

ペンギンアップデートの施工前目的達成急ぐばかりに金銭によって多数の被リンク手に入れて不正なSEOによる順位上昇狙う方などが現れました。しかしグーグルはユーザーの利便性を最優先しており、こうした不正野放しにすることないです。被リンクをただしく理解するため、グーグルの品質ガイドラインに目を通しましょう。具体的なガイドラインはリンクプログラムへの参加は違反とみなされることがるとされていて、サイトに必要な被リンクはナチュラルリンクで、自作自演リンクでないといったことを肝に銘じます。

被リンクのデメリットを知る

被リンクが自然発生するサイトになるにはユーザーから共感えられること、情報知りたい方の手助けになることが大事です。このサイトを友人に教えたいという意欲、自分みたいに困ってる誰かに役立つので広げたいといった思い生まれないと、被リンク設置してもらえることすくないです。また、良質な被リンクはナチュラルリンクであり、自社のサイトと関連性高いページ設置されたリンクです。自社のサイトがリノベーションサービスについて紹介してるものなら、音楽関係のサイトから被リンクは関連薄く、良質な被リンクといえません。

サイトの評価球エル有効被リンクは似通ったテーマであるのが大事です。そして、優良な被リンクたくさん集めても必ずしも検索順位上位になるわけではないです。ポイントは競合性で自社サイトによって良質被リンク少ないサイトも総合的に評価高いと順位で負けてしまいます。また被リンクでデメリット生じるのは被リンク品質低いときで、作為的な被リンクは低品質とされて、サイトのひょか低下させることになります。

業者から購入したどこのなにかもわからない被リンクは、自社の大事なサイトにどういう悪影響与えるのかもしれないので危険です。被リンクをSEOに使うなら、被リンクの管理が必要で、自分が知らないうち低品質と評価されてるサイトから被リンクむけられる可能性あります。

ペナルティを受けるリスクもある

グーグルは検索順位に悪影響の可能性があるリンクのうちページランクを転送するリンクの売買を挙げていて、リンクそのもの、リンク含む投稿に金銭伴うのも対象となります。順位上昇急いで、被リンクに金銭投じるよりユーザーが必要なコンテンツ制作に注力したほうがいいです。検索結果に上位表示される時、グーグル広告利用しオーガニックサーチの検索結果より上位に自社広告表示する方法があります位。

そして相互リンクはお互いのサイトが被リンクえることにより双方ともSEO効果あるとして以前流行しました。ですがランクを意図的に改ざんしようとする行為でペナルティを受けるリスクがあって、お勧めしません。ですが、ここでいう相互リンクはSEOうたってリンク集めたサイトであり、企業サイトとブランドサイトを相互リンクしてたといって、ペナルティ生じるといってるわけではないです。

情報を必要としてサイト訪問したユーザーがさらに深い情報手にるるため有益な被リンクであることもとめられることを忘れないようにしましょう。意図的な被リンク使わなければ、気にする必要ありませんが、アンカーテキストが常に同一であるなどかたよりに注意しましょう。

ワードサラダのコンテンツは

ワードサラダはプログラムによってコンテンツ自動で生成しますが、ワードサラダによって作られたコンテンツは内容破綻した無意味なものであり低品質でしかないでう。こうしたコンテンツから被リンク送られれば、自社のサイトの評価に影響及ぼしたりして、ペナルティ生じてしまえば、その後の対応が大変です。

SEOもマイナス効果になりうるとかんがえましょう。被リンクはサイトSEOにとって影響力高い存在であり、その取扱いに十分注意しましょう。ユーザーから有益コンテンツとして発生するナチュラルリンクは、メリットを与えてもらえるため警戒する必要がないです。被リンクの影響力利用し意図的にランク操作しようと刷るのやめてください。

ユーザーにとって必要な検索環境が何かよく考えることがSEOで大事です。グーグルの品質ガイドを読めば誠実な取り組みが最も湯煎すべきSEOといったイメージが見えてきます。被リンクの力欲しければ、自然に被リンク増える魅力的コンテンツ作らなくてはなりません。そしてユーザーに利便性高いサイトだということが検索エンジンに伝わりやすいよう構造配慮することもSEOにとって大事です。

細心の注意を払うことが大事

ユーザーが探してるページに迷うことなくたどり着けるようにしましょう。うまいリンク設計は大事なページをグーグルに伝えるシグナルになります。グーグルは膨大なページリンクたどって巡回してデータ蓄積して、クローラーの巡回は既存ページリンクたどったり、xmlサイトマップに書かれてるページ巡回します。

クロールされないとグーグルはページ認識できなくて、検索結果に表示されません。クロール制御する時細心の注意払いましょう。そしてクロールは本をあつめるフェーズで、インデックスフェーズで、あつめた本きれいに本棚しまいます。

そして、整理してあれば探してる本すぐ見つかって、いらない本処分すれば必要な情報だけ提示可能です。すでに知ってるでしょうが、検索結果表示されるページはすべてインデックスされていて、逆に検索結果表示させたくないページは、インデックスさせないとOKです。テストページはインデックスさせないと、検索結果表示させないようにできます。

そして、公表されてないですがアルゴリズム種類200以上あるとされていて、ガイドライン違反とりしまうのも存在して、違反するとペナルティとなります。

タイトルとURLをコピーしました